宅建 独学 合格方法

あなたが宅建試験で独学を選ぶ理由は何でしょうか?

  • 通信講座を受けるほどの予算がない
  • 独学で十分合格できると思っている
  • 必ず受かる必要がないからのんびりやりたい

たしかに、宅建試験は独学でも合格できる試験といわれています。
試験の合格率は17%前後、昔より難しくなった、などといわれながらも、独学で勉強し合格する人も多いでしょう。

 

では、独学で合格するための勉強時間はどれだけ必要でしょうか?

 

一般的に、資格スクールや通信講座を利用して学習した場合、初学者(初めて宅建を勉強する人)の必要学習時間は 最低でも100〜120時間必要だと言われています。

 

独学で宅建合格をめざすのであれば、もっと勉強時間は必要となることが想像できますね。

 

ところが、独学でも勉強方法の工夫や優れた教材を選ぶことで、通学や通信と同様以上に効率よく宅建試験に合格することが可能です。

 

このサイトでは、そういった方法をご紹介していきます。

独学で宅建合格をめざす

基本的に“国家資格”と名の付くものは一定の学習が必要になり、初めての分野やその道に通じていない方が受験する場合には、資格学校に通うのが常になっています。

 

ただ「宅建」に関してはこの事情が少々異なっており、自宅での学習でも合格レベルまで押し上げる事は十分に可能で、実際に独学での合格者も非常に多くおります。

 

 

 

私の経験で行くと、宅建→社会保険労務士という順番に合格したのですが、
社会保険労務士に合格するために必要な勉強量は、宅建と比べると最低3倍くらいのボリュームが必要でした。

 

また、宅建の場合は、一定の学力が身につけば、10回受験すれば10回すべて合格することが可能ですが、社会保険労務士レベルの試験だと、かなりの実力者(資格スクールの講師レベル)でも10回確実に「合格することが難しいという側面もあります。

 

 

つまり、

 

宅建レベルの難易度であれば、一定の実力があればほぼ合格を確信して本試験に臨むことができるのです。

 

ポイントは、いかに効率よく合格できるかだと思います。

 

 

 

通学や通信講座は上手に利用できれば、独学よりもはるかに少ない勉強時間で合格することが可能であることから、資格スクールの講座を利用する価値があるということです。

 

逆に言えば、独学の場合は、どのレベルまで勉強すれば合格ラインに到達できるかイメージがしにくいため、非効率な勉強をしてしまいがちなのです。

 

 

 

次に、資格試験初学者の場合は特にそうなのですが、

 

多くの受験生が資格試験対策用の勉強方法を知らないということです。

 

 

資格試験用の効率良い勉強方法を知らないと、
これまで小さな頃から慣れ親しんだ学校で勉強してきたような勉強方法をしてしまう受験生が多いのです。

 

 

 

この勉強の仕方でも合格することはもちろん可能ですが、効率が悪い勉強になってしまいがちなのが問題なのです。

 

では、初学者は結局資格スクールに通わないと効率よい勉強はできないのでしょうか?

効率よい勉強方法

とはいっても、資格スクールで勉強すれば合格が保障されているわけではありません。

 

また、資格スクールは合格実績を出さなければいけないので、しっかりと合格できるだけの知識を受講生に覚えてもらおうと膨大な量を受講生に要求してしまいます。

 

更に驚きなのは、資格スクールでは、試験科目の講義はしてくれますが、

 

どのように勉強すればよいかという勉強方法は受験生にお任せが多い
ということです。

 

そんな事情も知らずに資格スクールに頼りきってしまうと、自分で勉強法を考えることができないため、

 

膨大な教材のボリュームに圧倒されて、途中で勉強を挫折し受験を断念するパターンがとても多い

 

ということを覚えておかないといけません。

 

宅建試験で最も大切なのは、効率よく合格できる勉強の仕方を学ぶことだと思います。
 
独学で勉強を始めものの、なかなか勉強が進まない、何度も条件に失敗した、テキストや問題集に取り組んでも、いつも途中で挫折してしまう。
 
そんな経験があるなら、国家試験の合格法を学んでみてはいかがでしょうか?

宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法